【iPad版】Photoshopで、ざっくりできること簡易まとめ

【iPad版】Photoshopで、ざっくりできること簡易まとめ

iPad版Photoshopの、簡単な使い方について。

パソコンで写真編集や加工にお馴染みのAdobeのPhotoshop。

2019年にiPad版がリリースされてから日々機能が追加されております。

私は全然使いこないていませんが、パソコン版で慣れていると、実装されていない機能もあるので、使える機能や操作感に戸惑いそうな感じ。まずはiPad版Photoshopの使い方になれるところからスタートです。

パソコンと同じように使えるかとなるとまだまだですが、ある程度機能を把握しておいたらiPadのモバイル性を活かした使い分けもできるのかなと。

とりあえず、ざっくり何ができるのか簡単にご紹介。

iPad版 Photoshopの機能

とりあえず基本的な機能はある。

iPad版Photoshopでできること、ざっくり機能一覧(漏れもあるかも)。

  • レタッチ機能(縮小・拡大・変形)
  • 選択ツール(いろいろ)
  • ブラシ機能
  • 調整ツール(覆い焼き、焼き込み)
  • 塗りつぶし・グラデーション
  • レイヤー操作
  • レイヤーマスク
  • 切り取りと回転
  • テキスト
  • 修正ツールで不要な箇所の除去
  • フィルターと補正(ぼかし、反転)
  • タッチショートカット
  • パソコン版と連動

などなどです。Photoshopアプリからいろいろサンプルデータも利用できるようです。

・切り抜きの操作方法は、こちらで簡単に説明。

iPad版Photoshopで出来ないこと

図形や直線を引く長方形ツールやラインツールはまだないのかな?見当たらないです。

パソコン版の機能が多く比較にならないと思いますが、今後iPad版に実装されていく機能もあるので、まと内容がまとまればまた更新します。

イラストも描けるの?

Photoshopでイラストも描けるけど、Photoshop単体プランに「AdobeFresco」も含まれているようなので、イラスト向けの方はFrascoが含まれるプランのほうが良いのかな。

Adobe Fresco は、iPad と iPhone で使用できるドローイングおよびペインティングアプリです。 iPad では Apple Pencil と併用してご利用いただけます。AdobeFrascoは、スケッチ&ペイント向け(モーションが追加、パーズグリッド、多様なブラシ、などなど)

プラン価格

私はコンプリートプランなので細かく把握してませんでしたが、Photoshopを使用するには、以下のプランがあるようです。昔からちょっと変わったりしてます。

1.フォトプラン 1,078円/月(写真編集向け)

Lightroom、パソコン版Photoshop、iPad版Photoshop、+ストレージ20GB or 1TB

2.Photoshop単体プラン 2,728円/月(Photoshop向け)

パソコン版Photoshop、iPad版Photoshop、スケッチ&ペイント用のAdobe Fresco、+ストレージ100GB

3.コンプリートプラン 6,248円/月(Adobe全部入れ)

Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、Acrobat Proなど、20以上のあらゆるCreative Cloudアプリ。

ちなみにコンプリートプランのアプリはこれくらいある↓

Acrobat Pro、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、Premiere Rush、After Effects、Lightroom、XD、Animate、Lightroom Classic、Dreamweaver、Dimension、Audition、InCopy、Character Animator、Capture、Fresco、Bridge、Photoshop、Express、Photoshop Camera、Media Encoder、Aero、Lightroom web版、Adobe Scan、Fill & Sign、Acrobat Reader

正直、使ったことも見たこともないアプリもある。

とりあえず

本当にざっくりと、こんな感じでiPad版Photoshopの機能です。

機能面はパソコン版にはまだまだかないませんが、クラウドでパソコンとiPadでデータの同期もできるのでちょっとした修正変更にも使えそうです。ビジネスや本格的な作品にはiPad単体ではもうちょっとですが、基本的な機能は抑えているので用途によってはiPadで十分使えるのでは。

先に述べたようにiPad版Photoshopの機能を把握した上で、いろいろ使い分けができれば、iPadでのPhotoshop活用シーンも増えそうです。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。