【iPad版】Illustratorで、ざっくりできること簡易まとめ

【iPad版】Illustratorで、ざっくりできること簡易まとめ

iPad版Illustratorの簡単な使い方について。

パソコンではもう初心者ながら10年は使用しているIllustratorですが、Photoshopと同じくiPad版のIllustratorがリリースされております。未だにちゃんとした機能や、その機能の呼び方を知りません。感覚で使ってきたので勉強のつもりで書いています。

こちらも簡単にiPad版で使える機能を簡単にまとめてみます。

iPad版 Illustratorの機能

まずは基本機能
  • パスツール
  • ブラシツール
  • 消しゴムツール
  • 図形ツール(四角、丸、三角、星、直線)
  • テキストツール
  • アートボートプリセット(ガンバスサイズの切り替え)
  • 配置(写真、カメラ、ファイル、クリエイティブクラウド)
  • タッチショートカット
  • レイヤー機能
  • ガイドとグリッド
  • シェイプを結合
  • 整列、分布、反転、
  • リピート(ラジカル、グリード、ミラー、ブレンド)

iPad版のアプリからいろいろなサンプルデータを使用することが出来ます。

iPad版Illustratorで出来ないこと

なにがありますか

少しだけ機能の操作紹介

画像の切り抜きができるクリッピングマスク

対象のオブジェクトを2つ選択して、「オブジェクトツールの中に「クリッピングマスクを作成」から出来ます。上の形に沿って切り抜かれます。

テキストのアウトライン化

テキストを選択して、「文字ツール」から「テキストをアウトライン化」からできます。

レイヤー移動

レイヤー長押しで移動できます。

レイヤー削除

レイヤーを選択すると、レイヤーの中にあるオブジェクトが選択された状態になります。
選択されたすぐ下に表示されるメニューからゴミマークでレイヤー内のオブジェクト類は削除出来ます。レイヤー自体削除するには、対象のレイヤー部分を左にスワイプすると削除のゴミ箱が表示されます。

塗りつぶし

Illustrator使ったことがある人はわかると思うけど、iPad版に限らず塗りつぶしは、パスごとに設定出来ます。パスを選択した状態で、カラーの部分を変更するだけです。

プラン価格

Adobeによる価格設定はこちら。

1.Illustrator単体プラン 1,848円(税込)/月

Illustratorデスクトップ版およびiPad版では、100GBのクラウドストレージ、Adobe Portfolio、Adobe Fontsのほか等です。

2.コンプリートプラン 6,248円/月

コンプリートプランはIllustratorを含む以下のサービスが利用できます。

Acrobat Pro、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、Premiere Rush、After Effects、Lightroom、XD、Animate、Lightroom Classic、Dreamweaver、Dimension、Audition、InCopy、Character Animator、Capture、Fresco、Bridge、Photoshop、Express、Photoshop Camera、Media Encoder、Aero、Lightroom web版、Adobe Scan、Fill & Sign、Acrobat Reader

最後に

プランの価格や内容はその時々で変わったりキャンペーンもあったりするので、上記と違っているかもしれません。機能も日々アップデートされています。出来ることはもっと増えているかもしれないので、その都度確認してみてください。とりあえず簡単ですが残しておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。