鼻炎?副鼻腔炎?鼻の炎症、乾燥、鼻づまり

健康

私の鼻トラブルについて

鼻の調子が悪くなってから何年経ったでしょうか。
鼻腔内の乾燥、不快感、出血、鼻水、鼻づまりなどなど。
症状の違いや波こそありますが、鼻の調子が悪くなってから3~4年は経過していると思います。

元々は鼻のトラブルは少なく、鼻をかむという行為も本当に少なかったのを覚えています。

それが、ある日突然鼻の中の乾燥感にみまわれ、ひび割れ、出血、鼻詰まり、蓄膿に近い症状など、いろいろな症状にみまわれました。病院や薬、自身でケアなど、いろいろ試し、完治はまだしていませんが、以前と比べて少し快方に向いつつあるのではないかな?と思い書き残しておこうと思います。

鼻の調子が悪くなった原因は?

鼻の調子が悪くなった発症原因についてははっきりわかりません。

症状も、鼻炎?副鼻腔炎?

わかればこんなに長く症状を抱えてもいないでしょうし、その時々で症状も変わっています。

今思えばですが、症状が出始めた頃は、仕事が忙しく睡眠時間が著しく少なくなっていました。
体力には自信があったのですが、そんな生活が数年、数ヶ月単位で続いていたと思います。そのあたりから鼻だけではなく体に支障をきたしていたのかもしれません。

それと重なって、鼻の手入れも原因の一つだったのかも。
例えば、鼻毛を抜くとか。剃るとか。
異物でも入らない限り、鼻をほじるとかはなかったと思います。

症状が出始めてから

ある日、目が覚めると鼻の中が異常に乾いている感じがして、なにか思い当たるフシもなく、とても不快感を感じたのを覚えています。

当初は深く考えることもなく、鼻腔内が何らかの原因で傷んだのかなと思い、保湿を兼ねた市販の軟膏を塗っていました。ドルマイシン軟膏かな。塗っているときは非常に快適でした。

でも2~3日すると元通り。繰り返すうちに1本まるまる使い切りました。

そんな症状に対する知識は何もないので、これは困ったなと、耳鼻科にも何度か行きました。
はじめはリンデロンが処方されました。

リンデロンも塗っている間も調子がいいけど、また症状が繰り返す。
使用をやめると一向に良くならないので、使い方が悪かったのかな、他に原因があるのかな、ステロイド使いすぎは良くないのかな、など、この頃から悩みはじめました。

鼻の不快感は結構なストレスで、すでにかなりの日数が経過していたのもあり、もう全然治る気がしませんでした。

再び耳鼻科にいって軟膏以外で方法がないか相談するも、逆に「どうしたいですか?」と言われる。

「え?」 と、なりますよね。

お医者さんからどうしたいですかって。逆質問ですよ。
クレーム言っているわけでもないし、それが分かってたら来てないし、教えてほしいから来てるのにと思いつつ。。

どうしたらいいのかわからないのでと説明して、横にいた看護師さんの方が親身に聞いてくれていたのを覚えている。その時は、とりあえずアレルギー性鼻炎用の?点鼻薬を出してもらいました。

使ってるときは保湿がわりになって楽ですが、それも治るわけじゃありませんでした。

それからしばらく時間が経ち、医者に行っても軟膏処方されるだけで治らないよな~と思いつつ。知人に評判の良い耳鼻科を紹介してもらいました。

紹介してもらった耳鼻科で診てもらったら、「とりあえず鼻を触るな」と言われた。
鼻のかみすぎもだめ。気になっても触らない。と。

そうなんだけど、かさぶたみたいなので鼻の穴が塞がるし、表情動かしたら中が切れて鼻血出てくるし。。

とりあえず何にもしないと鼻の中が乾燥して、触っていないのに裂けて出血。仕事中何度も鮮血を流しました。触るなと言われても、痛いし、不快感満載だし普通にいれない。

触るなと言われつつも、とりあえず乾燥感をふせぐべく、市販のドライノーズスプレーや鼻ジェルなんかを使用してました。

ひどいとき乾燥感だけでなく、鼻詰まりもあり、蓄膿症か?と思うくらいのニオイと青っ鼻がでることもありました。
自分で食塩水作って鼻洗浄もやっていました。

ここまで2年位前の話かな。

その後の状況

症状は相変わらず鼻詰まりと乾燥感がそれぞれあり、薬を使うにも数年単位で毎日使用するのはなんとなく良くないなと思い、乾燥を潤すのに一番楽だったシアバターを使うことで落ち着いていました。

シアバターは固めなので手の甲になじませて、お風呂上がりなどに、綿棒で伸ばして使っていました。シアバターはリップクリームみたいに残るので長く保湿が続きました。数ヶ月はシアバターで過ごしましたが、それでも根本的な症状の解消にはならず、間に合わせ対応な感じです。
でも、あるとないとではすごい違いです。楽です。

ホホバオイルとかも試しましたが、オイルは流れるのか潤いは持続しません。普通の皮膚にはいいですよね。今もお風呂上がりの保湿に使っています。

今年の春は花粉の影響か、かつてないほど鼻づまりがひどく、寝るときは鼻で息ができないくらいだった。たぶんそれは鼻のかみすぎだったと思う。お風呂上がりの鼻の中が緩なっているときに鼻詰まりを綺麗にしようとかみすぎていたのかも。

ひとまず初心に帰って鼻かむのをやめました。そのおかげなのか、花粉が収まったのか、その後は体調も良くなってきて、それからは少し落ち着いてきました。

最後の鼻づまりは違うかもしれませんが、鼻炎、鼻の乾燥に対していろいろ試しましたが、とりあえず行き着いたのは保湿です。

ですが、シアバターを塗り続けていても鼻腔内の皮膚は黄色い液の塊が出ていました。
鼻の内部はずっとただれていたので、保湿なければ乾燥してます。このあたりは感染症では?とも思いましたが。

すでに年単位で治らないし、今は以前と違って睡眠も取れ体調も良くなってきたから、もう一度、塗り薬に頼ってみようと思う。
ということで現在継続中。

現在

鼻の調子、今はかなり良くなってきました!

前回、シアバターの保湿から、市販薬のドルマイシンを塗り始めました。鼻の中の皮膚がただれ、黄色い汁が出ていたのが少しづつ減っていく感じがありました。症状が長かった為かすぐには良くならず、使い続けるには抵抗がありましたが、今までと同じでは治らないと思いしばらく使い続けました。

普通は何本も使わないだろうと思いつつも、1本を使い切り、2本目を使いと、毎日のことなので根気強く経過を見ながらですが、少しづつ鼻の中の皮膚が整ってきました。皮膚の薄い感じがあり触ってもいないのに傷っぽくなることもありました。

本当に徐々にですが皮膚が落ち着いていき、いまでは薬を使用していません。
使用途中で残りました。

数年後しに鼻の調子が良くなりました。何も塗っていません。本当に何年間も鼻に塗り続けてきたのをやめれました。

自分の中ですごいことです。
生活の環境変化もあったかもしれません、以前体調を崩すのと同じくらいの年数が体調を整えるのにかかった気がします。

対処法に問題があったかもしれませんが、人間の治る力はすごいです!
それを遮る睡眠不足とストレスも見直した方がいいですね!

とりあえず、今まで試したものまとめてみます。

ドルマイシン軟膏
塗っている間は良かった!当初それが解決にいたらなかったけど。ドラッグストアにも売っているから今回もう一度試してみようと思う。

ドライノーズスプレー
これも気休めですがないよりは楽です。でも持続はしないのでずっとシュッシュしないと乾燥するかも。切れたら容器に水入れてシュッシュできそうなやつです。

鼻しっとりジェル
スプレーよりも潤い長持ち。ねちゃっとしているから鼻にとどまって長持ち。ちょっとスッキリミント風でしたね

シアバター
シアの実からできる天然の保湿成分。マットな感じで体温で溶けます。オイルほど伸びは良くないけどリップクリームにも使われる素材でリップ代わりも最適です。鼻の保湿と合わせて、これで脱リップ中。

ホホバオイル
これも使い勝手はいいです。これは鼻ではなく顔や体などの肌にどうぞ。今はお風呂上がりの保湿に使用しています。

◯鼻洗浄
調べてみたら今はいろいろありますね。機械式のものとか。
私が使用していたのは単に容器だけで、自分で食塩水作って水を流すやつ。
鼻が通っているときはいいけど、鼻詰まってたら全然使えない。笑

とりあえずこんな感じですが、また何かあれば更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました